記事一覧

粗い画像、もう少し続きます~

新製品公開は今日で三日目ですね。
今日のを含めて3アイテムの粗い画像を公開した訳ですが、これではサイズや取り付けた感じは全く分かりませんよね。
それは当然の事でそれらは追々お伝えできればと思っております。

で、今日は一番悩んだ?所が何かを書こうと思います。

それはやはり、いかにHWSブラスターにフィットさせつつよりプロップに近づけられるか?という部分です。
例えばチーフ本体に取り付けるネジの位置って決まっているんですよね。
『このネジ穴がもう少し下にあれば・・・』等など歯がゆい思いもしました(^^;)
形状のアレンジでその辺りを誤魔化したり?しながらの作業もありましたが、逆にHWSブラスターの基本設計?形状出し?の凄さみたいなものを改めて感じる事が出来たりもしました。
HWSブラスターは一つ一つの部品を採寸していくと実は大きく外れてはいないんですよね。製作された当時の情報でここまでの物を作り上げたハートフォードさん凄いです。しかもチーフベースで。

負けないように頑張りました。いや所詮は部品単位のZOSPEC。全然負けてますね(汗)

ささ、お話はコレぐらいにして今日の画像を↓
ファイル 291-1.jpg
ライトカバーと思いました??
レフトカバーです(^o^)g

今日の話じゃないですが、LEDロッド取り付けの前部分のネジ穴がもう少し後ろにあったら楽だったんですが・・・
裏面はちょっと激しい加工になってます(汗)
それとシリンダーアーム(ヨーク)への取り付けネジ穴ももう少し後ろだったらなぁ~みたいな。
レフトカバーの形状だけで一ヶ月ぐらい悩んだと思います。
ここらがZOSPECの限界でしょうか・・・
皆さんの眼にはどう映るのでしょうか?え?粗くてよく分からない?
スイマセン<(_ _)>

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zospec.com/diarypro/diary-tb.cgi/291

トラックバック一覧