記事一覧

今日の部品3

今日はブラスターのパーツ構成について書かせて頂こうと思います。

昨日も書きましたが、パーツ数を極力抑えるってのもテーマでしたが、プロップからかけ離れては本末転倒。
そこはしっかり考えてやりました。

ハードルを下げる意味で基本的に
「無可動」
で、作っております。

でも、穴を開けて軸を通してやればとりあえず動くようにはなるようにしてあります。
なので、原型はネジを外せば分解も可能ですし、トリガーもバネは入ってませんが軸で動きます。

でも、ガレージキットになるので、ほとんどのネジ穴や軸穴はふさがってしまうと思います。
「そこに穴を開けてネジを切って下さい」
と、言うと結構ハードルが上がってしまいます。
ねじ切り用のタップやダイスを持っている人は少ないでしょうし。
でも、せめて穴だけはどうにかして開けて頂かないと接着するのも
難しいんで、そこだけはご勘弁を。

しかし、ガレージキット。
ポリウレタン樹脂はさほど硬くないので、例えばM3のネジなら通常2.5mmの下穴を開けてタップを切りますが、2.7か2.8ぐらいの穴を開ければ直接ボルトを捻じ込めばねじ切りも可能だったりします。少々強引なやり方ですけどね。
そうすれば、ネジで取り付けている部分は分解可能となります。
ネジ穴加工の90%以上はM3なのでM3のタップはあっても良いかもしれません。
あとはM2が1箇所とM4が2箇所かな?こちらはさっきの強引方法か、逆に少し大き目の穴を開けてボルトに離型剤を塗ってプラリペア盛ってネジ穴再現部分に差し込んで固まったらボルト外して整面するって方法も良いかもしれません。どっちも特殊な工具は必要ないですから。

ちょっと、技術的な話しに脱線しました・・・

少し話は戻しますが、プロップのパーツ構成と言うか部品の取り付け方法で金属だからそれで大丈夫だけど、その取り付け方を樹脂でやると強度不足と思われるところも踏襲しました。
特にブルドッグフレームに直接ネジを切ってる部分は強度的には不安です。しかしディスプレイモデルとして考えれば無茶な事をしない限り大丈夫と判断しました。
要は例え強度的に不安でもプロップがそうなっているなら、そうしようって事です。いくら強度的に不安と言っても手に取った途端に崩壊する訳では無いですから、ディスプレイモデルとして保てるならそれで十分と判断しました。

「無可動」
と書きましたが、ブラスターの動く部分ってどこでしょうか?
・トリガー
・ハンマー
・シリンダー
・シリンダーラッチ
・ステアーのボルトハンドル(Fピン連動)
・クレーン(シリンダーアーム)
・エジェクター
・エジェクターロッド
この辺りでしょうか?
何か忘れてたらツッコミヨロシクです<(_ _)>

今日はトリガーの画像を
先ずはメイントリガーから
ファイル 375-1.jpg
ファイル 375-2.jpg
画像にあります穴に軸を通せば動きます。
でも、製品版は穴が塞がっていると思うので開口させる必要があります。
可動化できても実はそれだけでスプリングも無ければトリガーとの連動も無いです。

次はセットトリガー
ファイル 375-3.jpg
ファイル 375-4.jpg
こちらも同様に穴に軸を通せば動き・・・ません(>_<)
と、言うのもコレ動く必要がないし動くとかえって邪魔かな?と思って、穴に軸を通せば取り付けは出来ますが、クリアランスを取っていないので、ほぼ動きません。

今日はここまで
ではでは。

トラックバック一覧

未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2015年01月23日(金)00時26分 受信

コメント一覧

リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー