記事一覧

新製品を先行で雑誌の付録に?

ファイル 91-1.jpg

今年の5月の静岡ホビーショーで、発売未定として展示されてました1/72零式艦上戦闘機二十一型。これが発売される事になったのは嬉しい事なんですが、なんとモデルグラフィックス創刊23周年記念特別企画として今月号と来月号の二号に渡って『マガジンキット』と銘打ち、キットその物が付属されました。新製品発売1ヶ月前にこんな事をしたのはこれが初めてでしょう。驚きです。
今月号は《接触篇》として胴体パーツが付属されております。
来月号は《発動篇》として翼のパーツが付属されます。(イデオン?)
全104パーツという1/72としては多すぎる部品構成ですが、ここはさすがファインモールド、再現度が違う・・・コックピットだけで一体何パーツなんですか?と首を傾げる多さです。これにシャープかつリアルなモールドが入っているんですからね。いや凄い。
書き出すと暴走しそうですが、スピナー(ポリスじゃあないよ)は三菱と中島の二種類が付属しますし、カウルフラップは開閉選択式、フラップ、エルロン別パーツに主翼は『ねじり下げ』まで再現されております。書き出すときりがない?のでこれくらいで止めておきますが本当に凄いです。
1/72だから小さいですが、作りごたえは満点ではないでしょうか?久しぶりに零戦熱が上がりました。
二十一型から始めたって事は次は二式水戦ですか?(気が早い)
久しぶりの模型ネタでした。

追記:ちゃんと読んでいなかった・・・
このゼロ戦、先行販売ではなくこれが正式な販売形態らしい。
つまり後日に模型屋さんで店頭販売は無く、欲しかったら今の内に欲しいだけ買っておきなさいって事らしい。マジ?

トラックバック一覧

コメント一覧

ギンコ 2007年09月25日(火)23時40分 編集・削除

こんばんは。
私も買いましたよMG(と言っても自分の店の商品ですけど・・・)。十数年ぶりに飛行機モデル作ります。普段はスターウォーズ物しか作らないんで(やっぱりファインモールド)所謂スケール物は詳しくないんですが、とりあえずパーツを見てるだけで満腹です。

いやー、しかしすごい事ですよ、これは。全国の書店に1冊ずつ入ったと仮定しても2万個近い出荷数ですから。たとえ失敗して返品の山になったとしても意義のあることだと思います(関係者サイドでは大博打なんでしょうけど)。もっともこれ程のコスト度外視の企画は2度と無いでしょうね~。

zospec 2007年09月25日(火)23時56分 編集・削除

おお〜ギンコさん!!
お買いになられたのですか?素晴らしい。
これがきっかけでスケールの世界へ!!って、それは調子に乗りすぎですね。すいません。

でも確かにこの企画は凄い事です。ファインモールドの方もおっしゃってますが、一回の出荷で十数年分の個数らしいですからね。

さあ、僕は後何冊買えば良いんだろう(汗)

やっぱり第二弾として二式水戦は無理ですかね?(まだ言ってる)

リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー