記事一覧

精巧ですのブランド時計、スーパーコピーブランド激安通販サイト【MsaCopy.com】

精巧ですのブランド時計、スーパーコピーブランド激安通販サイトMsaCopy.com弊社はNランク最高級スーパーコピーブランドの卸売と小売を行っております。業界でも高い知名度と好評度を持っております。弊社は進んでいる生産設備成熟な技術と研究部門を持っており、コピー時計のパーツは直接にメーカーから買い、それを組み合わせます。卸売各種スーパーコピー時計,バッグコピー,財布レプリカ,マフラースーパーコピー,スーパーコピーベルトを専門に取り扱いしております,ロレックススーパーコピー,パネライスーパーコピーウブロスーパーコピー,ブライトリングスーパーコピー,IWC時計コピー,フランクミュラー時計コピー,カルティエ時計コピー,ベルロス時計コピー,オメガ時計コピー,ショパール時計コピー,オーデマピゲ時計コピー,ブルカリ時計コピー品を扱っております。様々な スーパーコピー時計の販売・サイズ調整をご提供しております。他にも各種ブランドのスーパーコピー品多数、取り扱っております。ブランドコピーは 卸売りと小ロット対応できます。品質がよくて、価格が低いです、すべて最上級極上クラスの材料を使用し、コピーに詳しい専門家たちから「芸術品」とまでコピー言わしめるほどの完成度に仕上げ生産しております。
※高品質、完璧で、上品なので、御自身が使用するだけでなく、入学、卒業、誕生日、結婚のお祝い等のギフトにもご利用ください。きっと価格、品質、デザインに満足される事と思います。


blogリンク集
http://www.japan777.club ルイヴィトンスーパーコピー
http://www.jpan321.info オメガコピー
http://www.watchcopy.xyz カルティエコピー
http://www.statkotei.me シャネルコピー
http://www.gsacfood.xyz パネライコピー
http://www.gsacfood.online 新作時計コピー
http://msatokei.hatenablog.com/ スーパーコピー
http://blog.goo.ne.jp/msatokei ロレックススーパーコピー店舗
http://msatokei.coslife.net/ スーパーコピー時計n級
http://msatokei.jugem.jp/ スーパーコピー通販
http://msatokei.cocolog-nifty.com/blog/ スーパーコピー腕時計
http://tblo.tennis365.net/msatokei/ スーパーコピー腕時計販売店
http://blog.eigyo.co.jp/msatokei/ ガガミラノスーパーコピーn級時計
http://www.musublog.jp/blog/msatokei/ エルメススーパーコピー
http://yaplog.jp/msatokei ウブロスーパーコピー優良店
https://note.mu/msatokei ロレックススーパーコピー激安
http://msatokei.tuna.be/ オメガスーパーコピーn級
http://10152761.point-b.jp/b/index.php パネライスーパーコピー
http://msatokei.nikki.cmaker.jp/ ウブロスーパーコピー28800振動
http://www.freeml.com/bl/15691898/ フランクミュラースーパーコピー
http://mestokei.hatenablog.jp iwcスーパーコピー
http://mestokei.hateblo.jp アクアノウティックスーパーコピー
http://blog.goo.ne.jp/noobtokei エルメスコピー専門店
https://blog.with2.net/mypage/ オーデマピゲスーパーコピー
https://noobtokei.wordpress.com グラハムスーパーコピー
http://noobtokei.edoblog.net/ シャネルスーパーコピー最高級
http://noobtokei.coslife.net/ ジェイコブスーパーコピー
http://noobtokei.jugem.jp/ タグホイヤー スーパーコピー 最高級品
http://tblo.tennis365.net/noobtokei/ チュードルスーパーコピー
http://blog.eigyo.co.jp/noobtokei/ ブルガリスーパーコピー

Nランク最高品質スーパーコピー時計優良店www.msacopy.com


当サイトはNランク最高級スーパーコピー激安通信販売店です。自信を持ってお勧め致します。当ブランドコピー通販店は安心してコピーブランドを楽しめる数少ない販売店の一つです!最高級の海外スーパーコピーブランド激安専門店の偽物バッグ偽物時計偽物財布激安販売,ロレックススーパーコピー時計シャネルスーパーコピー時計カルティエスーパーコピー時計ウブロスーパーコピー時計オメガスーパーコピー時計パネライスーパーコピー時計タグホイヤースーパーコピー時計全品無料配送!偽物ブランド通販専門店,業界最高峰のスーパーコピーブランドは本物と同じ素材を採用しています。ブランド正規品と同じな革、金具を使って、Nランク最高品質スーパーコピーブランドコピー品を再現します。
 
LINE: noobtokei
お手数ですがライン友達登録してください。
当グループの販売用LINEです。タイムラインに商品の詳細を記載していますので、気に入った商品がありましたらお気軽にご連絡ください。
日本語対応おk!
 ラインのタイムラインに毎日新作、セール商品など更新してます,商品発送前に実物写真たくさん載せてます!間違えなくちゃんとした商品が届きます!   
商品発送前の実物写真もあります。

遅ればせながら

年末年始バタバタで今頃のご挨拶となりましたm(_ _)m

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

皆様にとって良い年でありますように。

2016年 元日
ZOSPEC

高木型 弐〇壱九年式爆砕拳銃 モディファイ03

高木型 弐〇壱九年式爆砕拳銃 モディファイ03の専用ページをアップしました。
ファイル 574-1.jpg
今作は2009年HWオークションバージョンを基本として製作させて頂きました。
専用ページを作成しましたので下記からお願い致します。
http://zospec.com/blaster/takagi_mod03/takagi2019.mod03.01.html

モディファイ最終章となる今作ですが、今まで採用しなかった加工も施してございます。
グリーンLED発光など機能的に増えた部分もございますのでお楽しみ頂けたらと思います。
勿論、皆様のブラスターカスタムのご参考、一助に成れれば光栄です。
是非ともご閲覧くださいm(_ _)m

三部作、無事に完結です。
ありがとうございました。

モディファイ03製作記・・・その4(最終回)

モディファイ03製作記、今日で最終回です。
四回目が最終回と短い・・・
結果的に内容が今までと違った加工の紹介がメインだったので仕方が無いですね。ご容赦をm(_ _)m

塗装仕上げのパーツにある押し出しピン痕を埋めます。
今までもおこなってきましたが今回は取り付けたら見えなくなる所まで全部埋めてあります。
では見ていきましょう。

ファイル 573-1.jpg
ファイル 573-2.jpg
ファイル 573-3.jpg

地味な作業ですが、満足度は高いと思います。
シリンダーカバー右はスイングアウトした時に何箇所かは見えますので効果は絶大ですね。

最後はマガジンのスイッチ部分です。
今回、マガジンを分解したのでスイッチカバーの(ON OFF)の文字を弄りました。
ファイル 573-4.jpg
純正のままだとちょっと読みにくいので文字を彫り直しました。
色を入れなおして表面も磨きました。
これもオススメ加工ですがスイッチ部分を外さないといけないのでハードルは高めの作業ですね。

以上です。

残りの作業は結果という形で完成品の専用ページにてご紹介する予定です。

今日はここまで

ありがとうございました。

モディファイ03製作記・・・その3

ご無沙汰をしてしまいました、ZOSPECです。
モディファイ03の製作を夢中でやっていたら1ヵ月以上も更新しておりませんでした(汗)
お陰様で完成したのですがチェックしたら思ったほど途中写真は撮っていなかったorz
相変わらずのダメダメ製作記になってしまいましたが、あと数回出来る限りアップ致します。

既に完成しているので専用ページは間もなくアップする予定です。

それでは今日はこのパーツの加工です。
ファイル 572-1.jpg
もはや定番加工ですね。
加工後はこんな感じです。
ファイル 572-2.jpg
写真に撮ると分からなかったので、スジ彫りに黒い色を入れて分かりやすくしております。

次は今回始めての加工です。
殆ど見えないし、言われても気付かないぐらい微々たる加工です。
ファイル 572-3.jpg
この穴はプロップの写真を良く見ると意外に深いみたいです。
なので、数ミリですが穴を深く掘り下げます。
ファイル 572-4.jpg
こんな感じです。
かなりプロップに近くなったのではないでしょうか?
とは言っても組み立てたら殆ど見えないんですが・・・

最後はシリンダーカバー左側の加工です。
今回は白コードが入るので例によって溝切り加工を施します。
ファイル 572-5.jpg
亜鉛合金なので硬いです。
加工は十分に注意して行いましょう。

今日は以上です。

製作記は次回で終了して以降は専用ページにて完成状態をご覧頂く予定です。

それではまたm(_ _)m

モディファイ03製作記・・・その2

今日は”部品番号21 レーザー”の加工です。

作業内容は
・グリーンLED配線用の貫通加工
・白コード取り出し口の加工
・ローレット部分のリアル加工
です。

先にローレット部分のリアル加工をご紹介
工業製品的にはローレット加工は滑り止めが目的なので表面がギザギザしてますがブラスターのソレは平滑な表面に筋彫りが入っているような仕上がりです。
ファイル 571-1.jpg
加工完了。こんな感じで如何でしょうか?
この加工は初めて行いましたが表面仕上げをやり直す作業がありますがオススメ加工ですね。

次は残りの作業。
ファイル 571-2.jpg
ヒヤヒヤの貫通穴加工も無事に完了しました。
少しでも斜めに入ると横から刃先がコンニチハするでしょうからね。ちゃんと真っ直ぐにイケました。

これでマガジンの改造と今回の加工でオークション版に2歩近づいた事でしょう。
ココからの作業は前2作と大きな違いはないので逆に違いをどう見せていくのがが課題ですね。

ではでは引き続きよろしくお願い致します。

モディファイ03製作記・・・その1

今日から作業内容をアップしていきます。
よろしくお願い致します。

気になるところから始めましょう。
先ずはマガジンの分解です。
部品に余分が無いので新品のブラスターから抜き取っての作業です。
結果、割りはしませんでしたが接着している部分をある程度切断して分解しました。
分解ついでに取り付けの深さを変更したかったLEDも全部外しました。まさか側面のLEDがマガジンに接着してあると思わなかったので驚きましたが。では分解完了の画像を↓
ファイル 570-1.jpg
完全分解状態です。回路がどうなっているのか、追加のグリーンLEDの配線をどうするのか色々と検討し試しました。
基板設計時に2系統作られていたのでそこから電源を取る事が出来ます。ちょっと細工が必要ですが。

で、先程書いた側面にある4個の赤LEDの深さですが、どういう事か画像にしてみました。
ファイル 570-2.jpg
プロップでは”この面”とツライチになっているんですよね。
なので今回は引っ込めて取り付けしたいと思います。

で、要領を得たので2個目のマガジンを分解します。
今回は切断無しで全部外せました。
グリーンLEDの配線をしてちゃんと光るかテストします。
そのままでは良くなかったので7灯全てに適正電圧が来るようにちょっと細工もしました。
ファイル 570-3.jpg
写真が浅いのでグリーンLEDにピントがキテいませんが無事に全部点灯しました。

結局マガジンは1個駄目にしてしまいました。
切断した個体も再度接着すれば使えない事はないですが少なくとも売り物には戻せません。
ソレを前提に髙木さんは僕にマガジンを渡して下さったのでリスクを支払ったのは髙木さんですね(スミマセン)
理想は最初の1個目から成功する事ですが、切断しながらも色々と試した結果2個目の成功なので僕としては損害を最小限に出来たかな?と思っております。
LEDを7灯安定して点灯させるのも基本素人なので何度も組み立てては分解し、を繰り返しました。ちょっと基板で分からない事もあったりだったので・・・
この一連の作業で3日程費やしました(汗)
しかしこれで第一のハードルはクリア出来ました。
製品は成功した2個目のマガジンをもう一度完全分解してLEDを適正位置に固定して組立てる予定です。

次はレーザーロッドの加工です。

今日はここまで
ではではm(_ _)m

モディファイ03製作開始と、その前に

皆さんこんにちはZOSPECでございます。

題名の通りいよいよモディファイ03の製作に入ります。
今回は2009年 HW オークション時 のバージョンです。
もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが高木型 弐〇壱九年式 爆砕拳銃の取扱説明書の3ページ目に載っている”チューンナップについて”の項で紹介されている3バージョンをコンプリートするという事ですね。

・1981年 納品時・・・モディファイ02
・2006年 ワールドコンベティション時・・・モディファイ01
・2009年 HWオークション時・・・モディファイ03

と言う事になります。

2009年 HWオークション時のバージョンを再現する場合、他モデルより加工のハードルが高かったので製作は最後にしました。
グリーンLEDの発光というのがやはり大きいですね。
”部品番号21 レーザー”を貫通させなければなりません。
あの長さの金属棒を2ミリの直径で貫通させる事は考えるより大変です。余剰部品が無いので失敗は許されません(滝汗)
それとマガジンから電源を取らないといけません。マガジン外装は3パーツに分かれているのですが、その全てが接着されておりパーツを破壊せずに接着を外せるのかどうか・・・

上記がクリア出来れば他は特に前2作と変わらないので大丈夫でしょう。
完成まで伏せていたモディファイ02と違いモディファイ03につきましては完成まで出来るだけ細かく作業内容をアップしていく予定です。
殆どの作業が前2作同じですが可能な限り途中でもアップしていこうと思いますのでよろしくお願い致します<(_ _)>

それとモディファイ01とモディファイ02は完売だそうです。
1挺ずつしかないので完売という表現はちょっと違うかもしれませんが(汗)
共に1挺限定のカスタムでしたので髙木さんも販売方法をかなり思案されていたご様子でしたが結果的にはお問い合わせ頂いた時点での早い者勝ち?状態になってしまった様です。
発売されるのを心待ちにされていた方には本当に申し訳ない状態になってしまったと髙木さんはおっしゃってましたが、でもまあこれは判断が難しいですよね。
何せベースのブラスターは髙木さんの個人所有の新品物ですから数が作れないし。1挺しかないから当然、流通は出来ない・・・逆の立場だったら僕もどうしたか分かりませんね。流れに任せちゃうかな?
やっぱりお問い合わせ頂いた方を優先にしちゃうかも?です。

ぶっちゃけちゃいますが今回のモディファイ03で僕が製作依頼を受けている分は終了です。
追加製作は・・・無いかな??

気になる方はエルフィンナイツプロジェクトの髙木さんに問い合わせてみましょう。

それでは明日から製作日記開始です。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

モディファイ02加工と仕上げ最終回

今日で四回目になりますがモディファイ02の加工と仕上げの最終回です。

前回と違った仕上げになった”63.グリップエンド”です。
ファイル 568-1.jpg
ファイル 568-2.jpg
前回の側面研磨はコンパウンドで終了でしたが今回はバフ研磨まで行いました。なのでかなりピカピカです。ですが亜鉛合金なのでそのままですと酸化してくるのでウレタンクリアーでオーバーコートしてあります。底面は前作と同じ艶消しブラック塗装で仕上げました。

ファイル 568-3.jpg
”87.マガジンハウス”と”93.マガジン”の仕上げは前作ではいきなりコンパウンドでしたが今回はサンドペーパーとは違う3000番という特殊な物で研磨してからコンパウンドで仕上げました。
中々良い感じになったと思います。

以上で終了です。

全四回でご紹介しなかった部分は前作のモディファイ01と同様の仕上げとなっております。

ご閲覧ありがとうございました。
それでは次回作にご期待下さい。